ホームセキュリティについて

広い意味では「自宅を守る」事なので、防犯砂利やセンサーライトなど様々な防犯グッズもホームセキュリティの1つと言えます。
ただ、一般にホームセキュリティと言えばあらかじめ自宅に警備会社のセンサー等を設置し、住居侵入・火災・ガス漏れなどの反応があった場合、警備会社に連絡が地頭的に送られ、社員が安全を確かめにくるといったサービスかと思われます。

核家族や共働き家族の増えてる今、目の届かない部分をホームセキュリティのサービスでカバーしたいという傾向は増えているようです。
また、在宅の場合でも自分のいる部屋だけは警備を解除し、他の部分は警備をセットしておくなど、便利な使いかたも可能です。

警報がなった場合、警備員が家の中を全てチェックしに入ります。その際には預けておいた自宅の鍵を使用しますが、その度ごとに鍵は封印し直され、厳重に保管されるようです。センサーの感度にもよりますが、ティッシュの出てる部分が揺れたり、物が落ちても
センサーが反応しますので、特に屋内でペットを飼われている方などは注意が必要ですが、設置時にセンサーの角度を調節することもできるようです。

泥棒は入る前に下見をすると言われています。その際に「この家はどんなに侵入しにくいか」をアピールすることがホームセキュリティの大きなポイントになると思います。警備会社のホームセキュリティのサービスに加入しているというステッカーは大きなアピールになりますし、防犯砂利やセンサーライト、カメラなど防犯意識が高い事を形で表すことも大きな効果があると思われます。