その他の防犯グッズ

防犯グッズは沢山のものが市販されています。一番よく見掛けるものと言えばセンサーライトやモニターカメラでしょうか。
動くものに反応して光るセンサーライトは、分かっていて通る近所の家でも少し緊張してしまうものです。泥棒が嫌う「光」「音」「目(目撃)」を考えて作られているものが多いようです。

侵入する際に手間取らせ諦めさせるグッズもあります。住宅への侵入は大半が窓口だそうです。
窓からの侵入に備え、補助錠で数を増やすのも有効です。また、風通しはしたいけど、開け放すのは不安だという方も補助錠を少し開けた状態でストッパーとして使用することもできます。窓ガラスを切ったり、割ったり、焼ききったりという手口に対してはガラス用防犯フィルムが有効です。

ドアにも様々な防犯グッズがあります。サムターン回し防止のためのカバー、数を増やして侵入手間を増やす補助錠など、各種賃貸でも設置できるタイプのものも販売されています。外から鍵穴の全くない電子錠もあります。新しいものでは指紋認証や指の静脈認証システムのドアロックも出ています。
また、外出時に外からドアチェーンをかけられる商品も出ています。外出中と思い、侵入してきた窃盗犯の意表をつき、防犯効果を高めます。最近増えているバールを使った力技でのこじ開けにはバールを入れる隙間をふさぎ、ドアの強度を高める鍵のガードプレートなども出ています。

ひとつではなく、多方面から色々防犯グッズを組み合わせて使うことで防犯効果も高くなります。