防草シートとは

防草シートとは雑草を生やしたくない場所に高密度の繊維のシートを敷くことににより、光を遮り植物の光合成を難しくさせ、発育を阻害します。また、植物の種子が飛来しても高密度な為、シート下の地面に種子は辿りつかず、シート上で発芽したとしても根を張ることが困難である為、引き抜くのも容易になります。
ペットや小さな子供がいて除草剤を散布したくない、という場合にも土壌を変える事なく安心してお使いいただけます。

また、砂利等を敷く際に下に防草シートを敷いておくと、防草はもちろん、砂利が下の土と混じってしまうことも防ぐことができます。将来、庭の模様替えをする場合にもシートがあると作業しやすいでしょう。

高密度で遮光性は確保しながら、通気性や透水性もある素材で作られているものが多く、水溜りが出来やすくなる心配もありません。
シートを剥がしさえすれば、またすぐ元通りに地面を使うこともできます。通気性や透水性を活かし、樹木などの根を囲うように使用すると
根張りを押さえ、太くて丈夫な根を育てることができ、肥料などを蒔いた培養土が他の土と混ざる事も防ぎ樹木を大きく育てることができます。
ホームセンターや通販で広く販売されており、カッターやナイフで簡単にカットすることも可能で、自宅に自分で敷くこともできます。
厚さや値段は様々ですが、繊維が高密度になればなるほど、遮光性も高くなり、下の地面からの芽の貫通も防ぐ効果があるようです。